スポンサーリンク

働きたくても働けないAD【テレビ業界の働き方改革】

テレビ業界の真実

超激務と言われ
寝れない、臭い、帰れない…

そんなイメージだった「AD」という職業が大きく変わりつつあります。

近年、巷で噂の『働き方改革』の影響です。

今のADは
寝られる、風呂入れる、帰らされる…

1日24時間労働だった昔とは違い、
今ではきっちり1日8時間労働になっています。
(昔がおかしいんだけど…)

単純計算で、仕事量は3分の1になりました。

最近はディレクターやプロデューサー、
場合によっては社長よりも丁重に扱われるようになっています。

なぜなら、激務がバレたら「会社がヤバい」からです。

 

スポンサーリンク

仕事の途中でも、強制的に帰らされる

働き方改革のメスがテレビ業界に入ったのは5年?ほど前。

ここ数年はそれを受け入れるフリをしながら
従来のやり方を急には変えられず、結局は裏で「サービス残業」という形でADは働いていました。

しかし、去年くらいから
本当に本当にマジで信じられないくらいADは働かなくなりました。

あろうことか、仕事が残っていても
時間になったら強制的に帰らされるのです!

AD
AD

仕事終わってないっすけど、

時間なんでお先に失礼しまーす!

ディレクター
ディレクター

・・・💧
(マジかよ)

みたいなことは、当たり前!

この前ビックリしたのは、編集の真っ最中なのに担当ADが帰ってしまったこと。

代わりのADが編集所に派遣されてきたのですが、引き継ぎがされていないので、ただ編集所で座っているだけ。
結局電話で担当ADとやりとりをしているので、家に帰した意味はなかった…。ただ仕事の効率が下がっただけ。

退社時間になると
学校みたいなチャイムが鳴る制作会社もあります!
(実話です!)

あまりにも働き方が変わりすぎて、世にも奇妙な物語の世界に迷い込んだかのような気分です。

 

ツケは全てディレクターに回ってくる

仕事量が従来の3分の1になったADたち。

でも、テレビのオンエアが3分の1になるわけではないし、番組の面白さが3分の1になるわけでもありません。

ADが働かない分をどうカバーしているのか?

単純に「ADの人数を増やす」のが一番の解決策なのですが、まだ対応できている番組は少ないです。

制作費が削られまくっているテレビ業界は、ADの人件費を増やすことができないからです。

なので、

ADが働かなくなった分のツケは
全てディレクターに回ってきます!
(これを言いたかった)

VTRの質を落とすことはできないため、
ADは働かなくてもディレクターが働かないわけにはいかないのです!

ADとは逆でディレクターは働き方改革以降、
どんどん激務になっています。
(元々激務なのに、さらに激務に…)

それはそれで非常にムカつくのだが、
まあ、時代の流れで仕方ないかな、とも思う。

今までが異常だったのでは?

と言われれば、

ディレクター

その通り!

と、答えるしかありません…。

 

ADの質が低下していく…

しかし働き方改革の影響でADの質は低下」しています。

正直、今の1〜2年目のADは正社員でも
学生アルバイトレベルの人が沢山います。

「働きたくても働けない」をずーっと続けているからです。

このままの状態が続くと

ADは実力がつかずに、一生ADのまま。
ディレクターは、若い人材がいなくなり高齢化!

みたいな業界になってしまいそうで心配・・・。

昔のように「強制的に伸びる」という環境が無くなった今
勤務時間外に「自分で勝手に勉強するADしか
これからは生き残れない時代になるでしょう。

 

現在ADの方、これからADになる方はくれぐれもご注意を!

 

コメント

  1. ぼやきDぼやきD より:

    テレビを志望する学生はまだ多いようですが、
    自力で成長するための方法をこのブログに全部書いておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました