2019-03

テレビ業界の真実

私のおじさん最終回 ロケのテープを紛失したらどうなるのか?

私のおじさんもついに最終回。今回は「ロケのテープを紛失したらどうなるのか?」を解説します。「お前は事故で死んでもテープは失くすな」というのがテレビの常識。僕がテープをなくした時の恐怖の実体験をお話しします。
ADの真実

テレビAD・ディレクターに転職するには?【他業種から誰でもOK】

他業種の未経験からテレビディレクターになるにはどうすればいいのか?を解説します。30歳くらいまでの人なら今からでも大丈夫です。まずはADに転職しましょう。ADは前職関係なく誰でもなれるので、とりあえず履歴書を送りましょう。
ADの真実

テレビADの給料・年収は?社会保険や昇給は?

テレビADの給料と年収を大暴露します。大卒で正社員で大手制作会社に入ると、一般企業と同じくらいの初任給になります。ただし、そこから給料はあまり上がりません。高い給料が貰いたければテレビ局員を目指しましょう。
テレビ業界の真実

私のおじさん第7話「テレビのやらせ問題」をディレクターが解説

私のおじさん第7話。今回は「テレビのやらせ問題」です。TBSの『クレイジージャーニー』や『消えた天才』などは、やらせが原因で一発打ち切りになってしまいました。テレビのやらせの現状をディレクターが解説します。
テレビ業界の真実

テレビディレクターとADの学歴は?【考察】

ADやディレクターになるために学歴は必要なのか?就活時と就職後の2つの視点に立って解説します。結論を言うとキー局は四大卒が必須。制作会社は専門・短大・高卒中卒何でもありです。
私のおじさん

私のおじさん第6話「テレビからネット動画の時代になる?」

私のおじさん第6話をテレビディレクターが解説します。今回のテーマはネット動画。千葉D(城田優)がネット大手に引き抜かれます。実際、今テレビに希望を持てない若手がネット動画(YouTubeなど)に転職しています。テレビか?ネットか?考えさせられる回です。
タイトルとURLをコピーしました