スポンサーリンク

優秀なADが制作会社に潰される問題

テレビ業界の真実

将来、良いディレクターになりそうなのに
会社の都合で昇格させてもらえず優秀なのに潰されてしまうADがいます。

ADがディレクターに昇格できるかどうかは
実力の他にも、環境や運(タイミング)に大きく左右されます。

実力:環境:運=5:4:1

くらいの割合です。

環境が悪ければ、いくら頑張ってもAD兼ディレクターの立ち位置から抜け出せません。

優秀なADが抜けてしまうのはテレビ界にとっては大きな損失…。みんなネット動画にバンバン流れてしまいます。

ちなみに悪い環境とは、

・上のディレクターが詰まっている
・下のADが育たない
・プロデューサーに嫌われる

残念ながら、そんな悪い環境は「その会社の体質」である可能性が高いので直ることはありません。

もし、

AD
AD

環境が悪いなぁ。

と感じたら、手っ取り早いのは辞める事です。

しかし、テレビ業界を辞めるのではなく、ぜひぜひ他の制作会社への転職を検討してほしい。

フリーで色んな会社に出入りしていると、制作会社によって環境が大きく違うのがよくわかります。

世の中には良い制作会社もたくさんあるので、
自分に合う会社をぜひ見つけてもらいたい。

もしくは、思い切ってフリーになりましょう。

辞めたADがフリーになって活躍しいるケースもあります。

フリーになる方法が分からなければ、とりあえずこの記事をみてください↓

ベテランAD。思い切ってフリーになるのも有り
実力があるのにディレクターに昇格できないベテランADさん。思い切ってフリーのディレクターになっちゃうのも有りです。どうやってフリーのディレクターになればいいのか?その方法を解説します。

もちろん、ディレクション経験が少ない場合は、最初の数年は苦労するかもしれませんが、

想像してください。

今の会社を続けていたら苦労は数年どころじゃ済まないのでは?

多分、永遠と続くと思うんですよね。

テレビ制作は「気が合うメンバーと作る」というのが非常に重要な要素なので、嫌な上司や、不遇の環境の中で働いていても全く意味がありません。

しっかり基礎ができているADであれば
経験が少なくてもやりながら勝手に成長していきます。

 

環境が悪い制作会社で働いてるADさん。

ぜひぜひ、ネット動画に行く前にフリーに一度挑戦してみてください。

 

コメント

  1. ぼやきDぼやきD より:

    結局、最後は自分でなんとかするしかありません。
    会社に頼るのはやめましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました