ディレクター

テレビ業界の真実

AD・ディレクター達の日常。テレビ業界あるあるVol.1【2020年7月編】

現役テレビディレクターのぼやきtwitterにて、毎日投稿している「#テレビ業界あるある」にたくさんの反響を頂いたので記事にまとめました。ADやディレクター、プロデューサー、芸能界あるあるの第1弾です。
ディレクターの真実

【考察】テレビディレクターはなぜケツ合わせなのか?その理由が判明!

ディレクターはなぜいつもケツ合わせなの?時間はたっぷりあったでしょ?もっと早く計画的に動けば? という疑問にお答えします。
ADの真実

若手テレビディレクターが仕事で失敗しないための方法5つ

ディレクターに成り立てのADさんや、若手Dが初めての番組を担当する時などに失敗しないための方法を解説します。①番組のフォーマットをおさえる ②ADに頼らない ③演出や先輩ディレクターに相談する ④台本の段階で撮り方・画角まで考えておく ⑤台本が崩れたら現場の流れを優先する など。
テレビ業界の真実

【転職】辞めるべきテレビ制作会社の特徴【ディレクター編】

辞めるべきテレビ制作会社の特徴【ディレクター編】です。①給料が上がらない②バキ打ちされる③自分の企画が通ったのに演出になれない④やりたい番組がない。全てに当てはまったら転職をオススメします。
テレビ業界の真実

ポンコツADの恐ろしい特徴8つ【ディレクターは逃げよう!】

仕事ができないポンコツADの恐ろしい特徴8つ。①ディレクター目線が無い②物の管理ができない③情報の整理ができない④優先順位が分からない⑤嘘をつく⑥ひとつの指示しか覚えてない⑦性格は優しくて素直⑧ディレクターになりたい!を解説します
ディレクターの真実

フリーランスのテレビディレクターに向いている人の特徴・性格は?

フリーランスのテレビディレクター歴6年の僕が、フリーのディレクターに向いている人の特徴を解説します。①孤独が好き(内向的)な人②仕事をしたくない人③他にやりたい仕事がある人④不平不満を言うワガママな人⑤コネがある人
テレビ業界のこわ〜い話

ディレクターがADに切り捨てられる!極限状態のヤバイ番組【実体験】

働き方改革以前のテレビ業界では、信じられないほど過酷な状況で制作をしなければならない時がありました。今だから笑って話せる史上最悪の特番をご紹介します。「ディレクターがADに切り捨てられる」という恐怖体験もあります。
テレビ業界の真実

【守れない】テレビ業界の働き方改革!乗り切る方法。

2020年にテレビ業界が解決すべき大きな問題「働き方改革」。しかし、働き方改革はテレビ業界と相性が悪いので、対応するのは大変です。今回は「働き方改革がテレビ業界に合わない理由」と、「働き方改革を乗り切るためにはどうするべきか?」について解説します。
ADの真実

テレビAD。後輩に追い抜かれた先輩がメンタルを保つ方法 4選

過酷なAD時代を6年半も過ごした僕が「後輩に追い抜かれた先輩ADがメンタルを安定させる方法」を4つ解説します。仕事をする上でメンタルが一番重要だと思うので、ぜひ役立ててください。
テレビ業界の真実

フリーランスのTVディレクター。断った方が良い番組 4選【危機管理】

フリーランスのTVディレクターが断った方が良い番組の特徴を4つ紹介します。①人が足りてない番組②ギャラが低い番組③プロデューサーが嫌われている番組④作家が謎に力を持った番組。その見抜き方も合わせて解説します。
ディレクターの真実

フリーランスのTVディレクターがギャラを上げる方法【交渉術】

フリーランスのテレビディレクターが「ギャラを上げるための方法」を解説します。僕が実践している方法ですが、誰でも再現可能だと思います。フリーランスにとってギャラは死活問題
テレビ業界の真実

テレビディレクターの時給は高校生のバイトレベル?リアルに計算した結果

『上場企業の時給ランキング2019』というものが発表されていますがテレビ局はランクインせず。年収は高いのに時給は低いのがテレビ業界。そこでテレビディレクターである僕の時給をリアルに計算してみました。驚きの結果でした。
テレビ業界の真実

公務員より安定するのがテレビディレクター【動画コンテンツ最盛期】

世間の公務員のイメージは「安定している」ですが、AIの発展と共に、その仕事は取って代わられると言われています。そんな中、これから安定する職業はテレビディレクターです。ちょっと偏見も入っていますが、その理由について解説します。
ディレクターの真実

フリーのテレビディレクターのギャラ・年収・給料を大暴露【2019年版】

フリーランスのテレビディレクター(僕)のギャラ・年収を暴露します。もし制作会社からフリーに転身しようとしている人がいたら、ひとつの目安にして下さい。1000万円なら現実的に稼げる金額です。最高は2000万円くらいです。
ディレクターの真実

【実録】テレビディレクターが飛んだらどうなるのか?

ADは飛ぶことがよくありますが、ディレクターが飛ぶとどうなるのか?僕も12年間で2件しか知らないレアケースですが、実体験を踏まえて解説します。
テレビ業界の真実

AD時代の勘違い。ディレクターになっても変わらない事 5選

ADはディレクターに憧れを持つことで必死に激務に耐えているのですが、ディレクターになって「AD時代と大して変わってない」ことに気づくことがあります。過度な期待を持つと危険!主なものを5つご紹介します。
テレビ業界の真実

テレビ業界の「休日に職場とつながらない権利」問題

休日に上司と『つながらない権利』がビジネス界では当たり前らしい。しかしテレビ業界につながらない権利はありません。休日につながらないと大変なことになるのです。現役ディレクターが解説します。
テレビ業界の真実

テレビディレクターの慢心。セクハラの加害者にならないために【TBS東大王】

TBS「東大王」のセクハラ事件が発覚しました。ハワイロケにて、チーフディレクターが女性ADを上半身裸にさせたそうです。テレビ業界に横行するセクハラ、ディレクターが加害者にならたいための考察です。
ディレクターの真実

テレビディレクターに向いてる人の性格、適性は?

テレビディレクターに向いてる人の性格、適性?テレビディレクターが解説します。「細かいけれど心配しない人」「決断できる人」だと最高です。心配しすぎる人は最低です。
ディレクターの真実

テレビディレクターとプロデューサーの違い 5選

テレビディレクターとプロデューサーの違いとは?ディレクターからプロデューサーになると仕事内容が全く違うので戸惑います。特に違うものを5つ紹介しつつ、ディレクターとの違いを解説します。
テレビ業界の真実

世界で一番睡眠不足な日本人。テレビ業界は不眠不休?

世界で一番寝ていないのは日本人と韓国人らしいです。テレビ業界も不眠不休なイメージがありますが、実際どうなのか?『ぐっすり眠るための8か条』を見ていきながら解説したいと思います。
テレビ業界の真実

TBS「クレイジージャーニー」やらせの解説【爬虫類ハンター回】

TBS「クレイジージャーニー」までもやらせが発覚してしまいました。今回のやらせ問題をテレビディレクターが解説します。結局、番組終了か…。本当にやらせには厳しい時代になりました。
テレビ業界の真実

TBS「消えた天才」野球少年の投球スピード2割増し【やらせ】

TBS「消えた天才」映像加工問題についてです。野球少年の投球スピードを2割増しで放送したそうですが、その事件について同業者としての感想です。今年はとにかく「やらせ」発覚が多い年となりました。
ディレクターの真実

【恐怖】ロケに遅刻したらどうなるのか?【ディレクター編】

テレビディレクターがロケに遅刻したらどうなるのか?今回はタレントロケなど、特に重要なロケの場合について解説します。僕の実体験です。
ディレクターの真実

フリーのディレクターのギャラ相場は?【2019年版】

フリーランスのテレビディレクターである僕のギャラを公開します。独立したばかりの時はフリーのギャラ相場って分からないと思うので、参考になればうれしいです。やっていくうちに「自分のギャラが高いか?低いか?」がなんとなく分かってきます。
テレビ業界の真実

フリーランスになれば転職すべきランキングから離脱できる話

メンタリストDaiGoさんがYouTubeで公開していた『今すぐ転職すべき職場ランキングTOP7』ですが、ブラックなテレビ業界でもフリーランスになれば解放されるので、僕の体験談と共に解説します。
テレビ業界の真実

転職した方が良い職場ランキングTOP7。全て当てはまるテレビ 【メンタリストDaiGo】

メンタリストDaiGoさんのYouTubeチャンネルで公開されていた『転職した方が良い職場ランキングTOP7』について。7つの項目全てに当てはまるテレビ 業界の実態を、一つずつ解説します。
テレビ業界の真実

過労死ラインは月80時間。テレビ番組ADの残業は?

過労死ラインは月80時間に対して、テレビADの残業は171時間というデータが日刊スポーツで発表されています。テレビADやディレクターの残業の実態を、ディレクターである僕自身が解説します。
ディレクターの真実

初めてのタレントロケ。緊張して失敗した時の対処法【実体験】

テレビディレクターにとって、初めてのタレントロケは特別なもの。しかし、緊張のあまり失敗してしまう事があります。今回は『初めてのタレントロケで緊張して失敗しないための方法』を僕の失敗談を振り返りつつ解説します。
テレビ業界の真実

テレビマンが続々参入!本気を出してYouTubeで当ててる話

芸能人だけじゃなくテレビマンもYouTubeに本気で参入しています。本気を出せば働きながらの副業でもできます。せっかくテレビで構成力・編集力を培ったのだから、YouTubeをやらない手はないと思います。無料だし。
タイトルとURLをコピーしました