スポンサーリンク

テレビのAPって何?仕事内容とADとの違い【制作進行も解説】

テレビ業界の真実
スポンサーリンク

APとは、プロデューサーの下位互換

AP(アシスタントプロデューサー)とは「プロデューサーの補佐役」であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

プロデューサーの補佐役なので、

・キャスティングを手伝う
・ロケでタレントのケアをする
・ADに清算を急かす
・ロケの時、技術を仕込む
・スタッフ全員の出勤数を管理する
・フリーのディレクターのシフトを組む
   ・・・etc

という、番組の全体管理が仕事であり、プロデューサーとやることは変りません。

プロデューサーがやらない仕事をAPがやる。という感じです。
場合によってはADの仕事を手伝うこともあります。

関連記事:プロデューサーの仕事とは?

テレビプロデューサーの仕事内容は?ディレクターとの違いは?
テレビのプロデューサーって何をしてるの?主な仕事は予算の管理とタレントのブッキングです。他にも人を集めたり(人事)、お金を清算したり(経理)、企画をテレビ局に持ち込んだり(営業)、その仕事は多岐に渡ります。

 

ADとディレクターはつながっているようで、仕事が全くの別物なのですが、APの仕事は、ほぼプロデューサーの下位互換です。

ただ「偉いか偉くないか」の違いでしかありません。

 

APは女性が9割

最初からAPになる、という人はいなくて、
ほとんどの人がAD→APという手順を踏みます。

ディレクターへの道を諦めたADが、心機一転、プロデューサーを目指すためにAPに方向転換するパターンが多いです。とにかく女性が多いのも特徴です。
(たぶん9割は女性だと思う)

ただ「プロデューサーは男性が多い」ので
彼女たちは、いつの間にかどこかに消えてしまいます…。
(多分、結婚を機に退社してる?)

たまに、ディレクターがプロデューサーになる前にAPになる、
というパターンもあります。

プロデューサーと同じく「多くの人に気を使う」職業なので、
女性の方が向いてる仕事のような気もします。

 

『制作』『デスク』と呼ばれる人もいる

APの中には『制作』『デスク』と呼ばれる人もいます。

95%が女性であり、APの仕事の中でも特に『事務系』の仕事をやっている人たちです。

 

【制作進行】という謎の役職

APの中には『制作進行』と呼ばれ
ADとAPの仕事を同時にやるという謎の役職も存在します。

制作進行に関してはいずれ別記事で解説したいのですが、
実は僕もよく分かっていません…。(制作進行は、いない番組も多い)

たぶん、分類としてはAPだと思いますが、
チーフADみたいな役割も果たすので、ひょっとしたらADなのかもしれない。
普通のAPやADよりは偉くて、ディレクターよりは偉くない、みたいなよく分からない立場の人です。

(AD→AP→制作進行→ディレクター)みたいな感じ??

むしろ、よく分かってる業界人の方がいたら、教えてください!

(コメントもらえると助かりますm(_ _)m)

 

関連記事:ディレクターの仕事とは?↓

テレビディレクターの仕事内容!現役テレビマンが解説【大変・責任】
テレビディレクターの仕事とは?現役TVディレクターの僕が解説します。

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました