YouTubeチャンネル始めました!

YouTubeではテレビの面白さ、就活生向けの情報を中心にゆる〜くぼやいてます!

「ぼやきDのテレビの話」ぜひチャンネル登録お願いします!
スポンサーリンク

テレビADに「やりがい」はありません!

テレビ業界の真実

制作会社のホームページを見るたびにいつも思う。

就活生向けに先輩AD本音で答えた「インタビュー」みたいな記事。

・大変だけどやりがいがある
・たくさんの人に見てもらえてうれしい
・オンエアされた時の喜びがすごい

なんてことが、つらつら書かれていますが、

それはウソです。

まあ「ウソ」は言い過ぎか
でも、異常に美化されています。

会社のホームページに載せる文章だから良いように書くのは当然ですがなぜ、あんなウソを載せるのか?

現実をいうと、AD業務にはやりがいもクソもありません。

 

スポンサーリンク

AD業務は「人のため」にやる仕事

AD業務は、つまらないです。

面倒くさいです。

面白くないです。

それは、「帰れない」とか「寝られない」とかそういうことではなく、「人のため(ディレクターのため)」に働いているからです。

ADはあくまでディレクターの「アシスタント」

ディレクターに言われたことを忠実に、スムーズに遂行するのが仕事です。

「自分のため」ではなく完全に「人のため」

だから、面白くないし、
ADがたまーにディレクターに反発するのも無理はない。

自分では「こんな仕事必要あるの?」と思っても
ディレクターが「必要だ!」と言ったらやらなければならない。

逆に、自分では「これ面白い」と思っても
ディレクターが「面白くない!」と言ったら捨てなければならない。

ADの仕事に一切の自由はないのです。

 

AD業務はひたすら耐える「苦行」

ディレクターのために寝ずに働いて、激務に耐える

AD業務とは、ひたすら「耐える」こと。
それがディレクターになるまで続くのです。

・大変だけどやりがいがある
・たくさんの人に見てもらえてうれしい
・オンエアされた時の喜びがすごい

少なくとも僕はAD時代にこんなやりがいを感じた事は無かったです…。

ただ、ディレクターになればようやく面白くなってきます。

とにかく早くディレクターになりましょう。

 

ディレクターになる以外に、ADをやる意味があるとしたらこれだけです↓

最底辺のテレビADだから身につく最強スキル「己の限界が分かる」
テレビADでしか身につかない最強のスキルは「己の限界が分かる」こと。他業種では経験できないほどの極限状態(キャパオーバー)を味わう事ができる職業がADです。極限状態から生存し、サイヤ人のように成長しましょう。働き方改革に負けずに頑張って!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ業界の真実 ADの真実
現役テレビディレクターのぼやきブログ

コメント

  1. ぼやきDぼやきD より:

    このブログ、現役のADが見てくれてると嬉しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました