YouTubeチャンネル始めました!

YouTubeではテレビの面白さ、就活生向けの情報を中心にゆる〜くぼやいてます!

「ぼやきDのテレビの話」ぜひチャンネル登録お願いします!
スポンサーリンク

ポツンと一軒家がイッテQに勝ち続ける理由が判明【高視聴率】

テレビ業界の真実

ポツンと一軒家がイッテQに勝つ続けている理由がついに判明しました!
ちなみに、この前(9月17日)の視聴率は、

ポツンと一軒家 17.8%
イッテQ 13.2%

 

今年の2月くらいからポツンと一軒家がずーっと勝ち続けており、むしろ、その差は開いているように感じます。

完全にイッテQを超えました

なぜポツンと一軒家がこんなに大人気なのか?

 

ポツンと一軒家は構成が毎回同じです。

スタッフが衛星写真を頼りに、近くの集落で聞き込み
地元民から有力な情報を得る
たどり着くのが大変!
たどり着いたら家の住民の生活を見せてもらう
「なぜ、ポツンと一軒家で暮らすのか?」が紐解かれる

だいたい、これ。

もちろん、住人のキャラや暮らしぶりは毎回変わるのですが、劇的に変わるわけでは無い。

イッテQの方が画が強いし、いろんな所に行っている。

ポツンと一軒家の山奥のドローン映像はキレイだけど、
イッテQの世界の絶景の方がすごい気がする。

でも、イッテQに勝っていることは事実です。

何か理由があるはず…?

超人気番組のイッテQが負け続けることはテレビ業界としては異常事態なので、当然ネット記事ではいろんな分析がされています。

ネット記事によると、
『ポツンと一軒家』躍進の主な理由は次の通りです。

・高齢者憧れのアフターライフを体験できる
・「人」に焦点を当てた人生ドラマがウケてる
・ドキュメンタリーチックでガチな演出
・イッテQのやらせ疑惑の影響
・ポツンと一軒家、というそのままのタイトルが良い

最後の理由以外は納得がいくように思えますが、

実は他にも定的な理由があります。

 

スポンサーリンク

ポツンと一軒家が勝てる理由は「国内」だから

ポツンと一軒家とイッテQは、どちらも視聴者が簡単には行くことができない地域をフューチャーした番組です。

ただし、ポツンと一軒家は国内を。
イッテQは海外を旅している、という点で決定的に違います。

視聴者に引きがあるのは「海外」のような気もしますが、実は、視聴者が今見たいのは「国内」なんです。

なぜなら、

視聴者が「貧乏」だからです。

日本経済が衰退しているからです!

というのも、

ポツンと一軒家を見ているのは年配層中心。
イッテQを見ているのは若年層中心です。

ご存知のように、若者のテレビ離れが進む中で「どんどんテレビの視聴者の中心は高齢者」になっています。

そして、テレビの中心を担う高齢者たちが、海外よりも国内に関心を持っているのです!

「日本人の出国人数」を見てみましょう。

法務省の統計データによると、
2018年の、日本人の出国者数は1895万4031人。

過去最高を記録しています。

ただし、JTBの調査によると、
高齢者の海外旅行者数は減少傾向にあります。

(参考記事↓)

海外観光旅行の現状2019|JTBグループサイト
<好調な日本人の海外旅行と旅行者の姿> ○2018年の日本人海外旅行者数は過去最...

記事によると、

海外旅行の増加を牽引しているのは、20代の女性を中心とした若者層。まさにイッテQを見ている層です。

しかし、年配層に目を向けて見ると、
団塊世代の半分が海外旅行をすでに卒業。

高齢者が海外旅行に行かなくなってきているのです。

つまり、日本人の海外旅行者の総数はゆっくり増え続けているようですが、高齢者だけは減っているのです!

なぜ、高齢者が海外旅行に行きたく無いのかというと、

「金銭的な余裕がないから」
「体調不良や体力の衰えを感じ始めたから」
「旅行の計画を立てるのが億劫になった」

ということらしい(↓下の表を参照)

つまり、今のシニア世代は「お金に余裕がない」上に、「体力が衰えてきて旅行に行く気力がない」のです。

世界に行って知らないお祭りに参加したり、骨折するかもしれない奇抜なイベントに参加するよりも、お金をかけずに日本でゆっくりのんびり暮らしたいのです。

その部分の共感具合が、ポツンと一軒家の方が上なんだと思います。

 

【結論】

ポツンと一軒家がイッテQに勝ち続ける理由は2つ。

「日本経済の衰退」
「歳を取ると旅行に行くのが面倒になる」

という結論に至りました。

偉そうにもったいぶった割には、大した結論じゃなかったのですが、多分、これは真実です。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました