YouTubeチャンネル始めました!

YouTubeではテレビの面白さ、就活生向けの情報を中心にゆる〜くぼやいてます!

「ぼやきDのテレビの話」ぜひチャンネル登録お願いします!
スポンサーリンク

テレビ番組制作会社の選び方。就活時の注意点【就職・転職】

テレビ業界の真実

テレビ業界に就職する際、全く分からなくて困ったのが

「どの制作会社に就職したらいいのか?」

ということ。

実は、制作会社はピンからキリまで腐る程あるので、

フリーとしていろんな会社に出入りする僕たちも、全ての制作会社のことを知っているわけではありません。

ましてや圧倒的に情報が少ない就活生や他業種からの転職組であれば当然、分からないでしょう。

 

スポンサーリンク

選ぶポイントは「好きな番組を作っている会社」

就活・転職の際、制作会社選びで気にするべき点は一つだけ。

「自分の好きな番組を作っている会社」

これのみです。

制作会社が制作している番組はホームページに必ず載っているので、自分の好きな番組を作っている会社を選びましょう。

 

好きな番組を作っている人は「自分と感覚が似ている」人

自分が好きになる番組は「自分と感覚が似ている番組」ということです。

ということは、

その番組を作っている人たちも自分と感覚が似ている可能性が高いです。

テレビ番組は一人では作れないので周りの人たちと協力していく必要があります。僕の経験上、一緒に制作する上司や同僚が「感覚が全く合わない人」だと作っていて非常にしんどいです。

そんな番組をひたすら作り続けるのは地獄なので、自分が面白いと思える番組を基準に会社を選ぶことをオススメします。

 

福利厚生はどの制作会社も一緒

福利厚生に関してはどの会社も大して変わらないので、余計なことは考えなくていいです。

社会保険はどの会社も入っているし、
住宅手当はどの会社も出ないし、給料はどの会社も安いです(泣)。

それでも月収18万円と20万円じゃ雲泥の差だよ!

僕は1円でも給料が高い会社に入りたいんだ!

と思う人がいるかもしれませんが、月数万円の差で会社を選んでも良いことは一つもありません。そんなものは誤差のうち。むしろ「働いていて、なるべくストレスが溜まらない環境」を選んだ方が絶対良いです。

昔は会社によってブラック度に大きな差がありましたが、最近は働き方改革のおかげで休日はどの会社でもありますし、残業代も多少は出るようになり、どの会社も働き方の基準は同じようになってきました。

制作会社を差別化しているのは、もはや『制作している番組』と『働いている社員さんたち』のみです。『働いている社員さんたち』は入社してみないと分からないし、自分がその人たちと合うかどうかは運なので、気にしても仕方ない。入社前に会社を選ぶ基準は『制作している番組』で選ぶことが一番だと思います。

 

できれば「自社制作」の会社

ただひとつ注目すべき点は、その番組が「自社制作」であるかどうかです。

【自社制作】とは
テレビ局から予算をもらって、自分の会社で制作している番組のこと。
企画からロケ、編集、完パケまで、自社内で全て完結することができる。

制作会社にも色々あって、

・自社制作中心の会社
・派遣中心の会社(番組にADやD・Pなどの人材を派遣する)
・両方やってる会社

が存在します。大手制作会社は両方やってることが多いですが、派遣しかやっていない会社もあります。

派遣中心の会社は、独立したばかりで「ディレクターがまだ2〜3人しかいない」というような、小規模な会社が多いです。

これから伸びる可能性もあるので派遣の会社を否定するわけではないのですが、自社制作できる会社は単純に「信頼を得ている会社・体制が整っている会社」なので、新卒で入るならそちらの方が無難かな、と思います。老舗で大手の制作会社は、自社制作の番組を持っている可能性が高いです。

自社制作であるかどうかを見分けるのは一般の方には難しいかもしれませんが、番組のエンドロールがひとつのヒントになります。

「制作協力」「制作」と書いている場合は「自社制作」
「スタッフ協力」と書いている場合は「派遣」

の場合が多いです。

また、ホームページを見ると「自主制作」と「協力番組」の項目に分けて載せている制作会社もあります。

ただ、記述の仕方に決まりがあるわけではないので、ごっちゃになって載せている会社もいっぱいあります。完全に見分けるのは難しい…。

ひとまず「自分の好きな番組を作っている会社」という基準で選ぶようにしましょう。

僕のYouTubeでも詳しく解説しています。こちらもぜひ↓

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

関連記事:他業種からAD・ディレクターに転職する方法↓

テレビAD・ディレクターに転職するには?【他業種から誰でもOK】
他業種の未経験からテレビディレクターになるにはどうすればいいのか?を解説します。30歳くらいまでの人なら今からでも大丈夫です。まずはADに転職しましょう。ADは前職関係なく誰でもなれるので、とりあえず履歴書を送りましょう。

 

コメント

  1. ぼやきDぼやきD より:

    12年間テレビで働いてわかったこと。
    自分が面白がって作れる番組じゃないと、しんどいです。

  2. きつね より:

    はじめまして

    春からテレビ番組制作会社に就職が決まっている者です。

    今、大学4年で、昨年テレビ局子会社の制作会社に内定を貰えました。

    質問ですが、局系列でも、やはり例外なくブログ通りの出世や待遇だと理解した方がよろしいでしょうか?

    細かい話になってしまいますが、業界の先輩としてもアドバイスを頂きたくコメントさせて頂きました。

    • ぼやきDぼやきD より:

      東京の制作会社は基本どこも同じです。(地方はわからないです、すみません)
      でも局の子会社は特に働き方改革にきっちり対応しているイメージがあります。
      テレビの未来をお願いします!

      • きつね より:

        返答ありがとうございます。

        東京キー局の子会社なので、もしかしたらご存知かも知れません。

        特に働き方改革がしっかりしているということで、安心しました。

        不安はありますが、自社制作も多数行ってる会社なので、とにかく地道に努力したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました