スポンサーリンク

働き方改革で損した世代。10年目くらいのディレクター

テレビ業界の真実
スポンサーリンク

業界歴10年目くらいのディレクターは損をしている

今日は何の生産性もない愚痴の回。
読んでも得られるものは何もありません。

しかし、

業界歴10年目くらいのディレクター陣には大いに共感してもらえるはず。

今回のテーマは、
『業界歴10年目くらいのディレクターたちは損をしている。』という話です。

だいたい2006〜2009年入社くらいまでの限られた世代のことです。

「損」の意味はラストまで読んで頂ければ分かります。

 

ADは奴隷。ディレクターは王様。

僕が新卒ADでテレビの制作会社に入ったのは十数年前。

その頃はまだ古い体質が思いっきり残っていた時代なので、ADの仕事はスーパーブラックでした。

「寝れない、風呂入れない、帰れない」は当たり前。

いわゆる「奴隷」と言われるようなひどい働き方を強いられていました。

逆に、ディレクターは「王様」でした。

面倒な雑務はADに全て丸投げ。ADを駒のように動かして自分は早く帰ったり、楽しくて面白いVTRを作るためならばADを好きなように働かせることが許されていた時代。

これは悪いことのように見えますが、

言い方を変えると「ディレクターを番組作りに専念させる」ということであり、良いコンテンツ作りをするためには「ディレクターに余計なことをやらせない」という環境作りは、ある意味必要なことでもあるのです。

ADは奴隷。だけど、ディレクターは王様。

だから、僕らADたちは必死でディレクターになろうと働いたのです。

王様になれば、一発逆転できるわけですからね。

いきなり奴隷から王様へとランクアップできるのです。

もちろん、途中でほとんどのADが辞めていきますが、

AD
AD

ディレクターになれば王様になれる!

AD
AD

早くディレクターになって

地獄の奴隷生活から抜け出そう!

ということだけを夢見て、必死で激務に耐えてきたのです。

バラエティ番組の場合、
ディレクターになるのに5年くらいはかかります。

5年間、家にも帰らず、休まず、寝ないで必死に耐え忍びました…

僕の場合は6年半も耐え忍びました…

そして、ついに奴隷から解放される時がきたのです!

 

「働き方改革」により王政が廃止される

僕は、やっと王様(ディレクター)になれました。
あの時の喜びは忘れられません…。

ディレクター

やっと王様になれた。

さあ好きなことだけに集中しよう!

そう、思った瞬間!!

「働き方改革」なるものが出現!!

急に奴隷たちが仕事をしなくて良い世の中になりました。

AD
AD

すみませーん!

帰る決まりなんで帰りまーす!

プロデューサー
プロデューサー

必要なことは自分でやってねー。

ADは使っちゃダメよー。お疲れー。

と言われるようになりました…。

 

ディレクター

えぇっ?どういうこと!!

働き方改革の前後で仕事量が変わるわけではありません。

ADが働かない分は、ディレクター自身でカバーしなければなりません。

10年目くらいのディレクターは、

AD時代は奴隷だったにも関わらず王様というディレクターのおいしいポジションを全く味わうことができなかった、

テレビ業界のロストジェネレーション世代なのです!

これって、かなり損してません???

だって将来「余計な雑務」をしないために死ぬほど雑務してきたのに、ディレクターになっても同じようなことやってるんですよ?

「女々しい」とか「情けない」とか「時代錯誤」とか言う奴は、僕たち世代の悔しさを全く分かってない!

ディレクターのうま味を味わいたかったんですよ!僕たちは!!

「王様」に即位した瞬間に王政が廃止され、いつのまにか平等な世界になっていたんですよ!

僕たちにも王様の特権をください!!!

 

損をしたのは限られた世代

15年目以上のディレクターは
しっかり「王様」状態を味わえた期間があるので僕たちとは違います。

9年目以下の若手ディレクターは
「AD時代、すでに民主化されており奴隷ではなかった」ので僕たちとは違います。

10年目くらいの世代だけが特権を全く味わえていないのです!!

僕たちだけが、損をしているのです!!!!

 

マジでムカつくけど、
このブログでネタにできたからよかったー。

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました