スポンサーリンク

【パワハラ対処法】理不尽なディレクター&プロデューサーたち

テレビ業界の真実

制作の現場でたまーに見かけるのが、ADにやたら厳しくあたるディレクターやプロデューサー。

暴力は無くなってきましたが
不必要にキレたり詰めよったり…

僕もADのときは嫌なプロデューサーにパワハラされていたので、辛さがよーくわかります。

残念ながら、理不尽な人はずーっと理不尽のままです。
その性格が直ることは絶対ありません!

ADの皆さん、

「100%絶対私は悪くない!」
「どう考えても理不尽!」
「度を超えたパワハラだ!」

という場面に遭遇してしまったら…

録音しちゃいましょう!

証拠をしっかりおさえましょう!

やっちゃえ!やっちゃえ!!

 

そういう人たちは淘汰される時代です。

 

もしくは、そんな会社辞めましょう。

他人や会社をコントロールすることは非常に難しいので
自分が変化する方が手っ取り早いです。

僕も会社を辞めて初めて気づいたのですが、
外の世界には尊敬できるディレクターやプロデューサーがたくさんいます。

尊敬できる人たちと仕事をしましょう。

そっちの方が絶対楽しいっす。

コメント

  1. ぼやきDぼやきD より:

    パワハラ、セクハラは発覚した瞬間に問題になります。
    今は、そういう時代です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました