スポンサーリンク

R-1審査員批判【大人の事情は本当にあるのか?】

テレビ業界の真実

M-1に続き、R-1でも審査員批判が出てしまいました。

芸の審査ってのは「審査員によって判断が違ってくる」のは当然で、
しょうがないと思うんですよね…。

「面白いかどうか」というふわっとした内容を審査されるのだから、好き嫌いは当然あるし、判断基準も人それぞれ。

バラエティのネタ番組のオーディションも結局は審査するディレクターや作家の好みによって決まりますから…。サッカーみたいに「得点を多く獲った方が勝ち」とか、分かりやすく数値化できる基準があればいいのですが…

残念ながら、

お笑いの審査は得点(笑いの量)だけでなく
「試合内容がどうだったか?」(ネタの質)も判断されます。

一般のお客さん相手にドッカンドッカン、ゴールを決めても「試合内容が荒削り」だと高い評価は受けられません。

 

キートンさんが指摘していたように、

ディレクター
ディレクター

ある程度、知名度のある芸人さんを出演させたい

という「大人の事情」については番組を作る上では少なからず「あります」

ただ、R-1に関しては、そのような判断があるのかは分かりません。

R-1は知名度とか人気とか関係なく、純粋にネタの質だけで判断して欲しいな、と個人的には思います。

キートンさんのネタ、
おそらく、会場では相当ウケたのだと思いますが、

次回頑張って欲しいです。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました