YouTubeチャンネル始めました!

YouTubeではテレビの面白さ、就活生向けの情報を中心にゆる〜くぼやいてます!

「ぼやきDのテレビの話」ぜひチャンネル登録お願いします!
スポンサーリンク

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 第14弾 全ルートまとめ感想 北原里英【北海道ニセコ→知床】

太川蛭子のバス旅!
スポンサーリンク

ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 夏の北海道横断!第14弾

コロナ禍で中止になっていたローカル路線バスの旅がついに帰ってきた!
今回は夏の北海道横断の旅!

マドンナは元AKB48グループの北原里英さん。

目指すのはニセコから知床五湖。
途中、チェックポイントとして田中さんゆかりの地『鉄道員(ぽっぽや)』の舞台となった幾寅駅を通る750kmの大移動!

3泊4日で果たしてゴールまでたどり着けるのか?

 

1日目

まずはニセコからチェックポイントの幾寅駅へ。
旭川方面から攻めるのか?苫小牧方面から攻めるのか?

バスの時刻を確認しようとしたところ、いきなりバスが到着!
運転手さんに聞いてみると「倶知安駅」まで行くバスとのこと。

他のバスは昼まで来ないということなので、とりあえず乗っちゃうことに。

ひらふウェルカムセンター〜倶知安駅

倶知安駅に向かう3人。
いつも通り、旅の最初だけは楽しそうなイメージを膨らませている。

倶知安駅に到着。
さて、ここからどういうルートで進むのか?

 

倶知安駅(乗り換え)

夕張山地を避け、北と南、どちらから向かうのか?

勧められたのは北ルート。小樽経由で札幌から向かうのが良いそうです。

バスを待つこと1時間。小樽まで一気に60kmの移動です。

倶知安駅〜小樽駅

フジテレビのドラマで共演していたという田中さんと北原さん。

田中さんってドラマ以外はこの番組でしか見ないもんなぁ。

元NGTのキャプテンだった北原さん。
強引に今回のバス旅のキャプテンを命じられたところで小樽に到着。

小樽駅(乗り換え)

札幌行きを探す3人。果たしてバスはあるのか?

札幌行きのバスを発見したものの、バスの本数が無い!
その代わり「宮の沢駅行き」のバスを発見。

路線図をみると宮の沢駅は札幌市内であるとのこと。
とりあえず札幌に近づくため、宮の沢駅に向かって出発!

 

小樽駅→宮の沢駅

移動は30km以上。バスの中で出会ったおばちゃんの話によると、宮の沢から札幌駅まで行くバスがあるらしい。

1時間以上の時間をかけて宮の沢駅に到着。

宮の沢駅(乗り換え)

札幌駅行きのバスはたくさんありました。
スムーズな乗り換えに成功。

 

宮の沢駅〜札幌駅

さて、札幌から先のルートをどうするか?全く決まっていませんが…

札幌から先は滝川を通るか、旭川まで行くか、千歳を通る南ルートか、3通りのルートが考えられます。どうやって夕張山地を避けるのか?

 

札幌駅(乗り換え)

さあ、夕張山地をどう超えるのか?案内所で確認。

まずは滝川ルート。ここから江別に行くバスはありそうですが、そこから先の岩見沢まではバスがつながらないとのこと。

JRバスを諦めて、別のバス会社(道南バス)で南からいくルートも探ってみると、

「岩見沢まで行けばなんとかなるから、そこで考えれば」とのこと!
本当に大丈夫なのか…?

さらに別のバス会社でも確認。すると、

岩見沢までたどり着けば滝川まではバスで行けそう。
しかし、江別と岩見沢の間にはバスが無い
ただ江別から10km先の幌向まで歩けば岩見沢行きのコミュニティバスがあるとのこと。初日から10kmの歩きを覚悟…。

このルートしかない!ため、江別行きを選択。
江別に行くためには、新札幌駅を経由します。

新札幌駅〜江別駅

午後15時半すぎに新札幌駅に到着。
スムーズな乗り換えで江別駅へ。

江別駅(乗り換え)

江別駅から先、岩見沢までは歩く予定だったのですが、

バスの運転手さんによると「栗山」という所で乗り換えれば、岩見沢ターミナルまでバスだけで行けるとのこと。10kmの歩きを無しにするという、かなり有益な情報をゲット!バスの時間は?

17時36分の最終バスがありました。昼飯抜きでずーっと移動して頑張ったかいがありました!

 

江別駅→栗山駅

 

栗山駅(乗り換え)

さて、岩見沢ターミナル行きのバスはまだあるのか?

なんとバスは5分後!めちゃくちゃ良い乗り継ぎ!

迂回しながらもバスをしっかり乗り継いでいる3人。
岩見沢に向けて出発!初日はかなり順調です。

栗山駅〜岩見沢ターミナル

夕焼けを眺めながら、岩見沢に到着。

 

岩見沢ターミナル(乗り換え)

時刻は19時半。ここから先のバスはあるのか?

当然、案内所は閉まっていました。案内図によると、美唄を経由すれば滝川方面へ行けそうです。

しかし、美唄行きのバスはもう終わっていました。

ということで、1日目はここまで!
明日の朝は7時25分発のバスで美唄に向かいます。

 

1日目反省会

宿泊するのはホテルサンプラザ。

昼飯を食べてない3人。初の北海道料理に舌鼓。

バスを8本乗り継ぎ、約180kmも移動しました!
2日目も順調にいくのか!?

 

 

2日目【岩見沢からスタート】

予定通り、7時25分発のバスで岩見沢をスタート!
まずは美唄に向かいます。

岩見沢ターミナル〜美唄

途中、直線道路日本一29kmの道路を通ります。

幾寅まではどうやって夕張山地を超えるかがポイント。
今日の大きな勝負所です。

 

美唄駅(乗り換え)

着いたのは朝8時。滝川方面行きのバスが出ているはずですが、

なんと、バスは1時間50分後!

さすがに待てない…ということで、北原キャプテン、他の方法で滝川に行けないかを確認しようと提案するも

(田中さんはカフェで休みたいらしい!笑)

バスの運転手さんに聞いてみると、

なんと、富良野まで行くバスがない!!!という情報が。


運転手さんによると、芦別から富良野に直接行くバスはありませんが、赤平に行けば、札幌から来る高速バスの下道利用で富良野まで行けるようです。しっかりと聞き込みをしてよかった、よかった。

とりあえず9時50分の滝川行きのバスに乗ることに決定!
近くの喫茶店でバスを待つことに。
田中さんは、なぜかジャンボストロベリーパフェを注文。

9時50分のバスで滝川へ出発!

 

美唄駅前→滝川駅

日本一の直線道路がひたすら続く。

1時間以上かけて滝川へ到着。

 

滝川駅(乗り換え)

ここから赤平へ向かうバスがあるはずですが、

運転手さんの言う通り、赤平行きのバスがありました。
待ち時間はおよそ40分。
バスを待つあいだ、グライダーの街として有名な滝川で、グライダーを見学して時間つぶし。なんか今回は余裕あるなぁ。

ここからは夕張山地越え。富良野を目指し、赤平へ。

赤平駅(乗り換え)

お昼過ぎ、赤平駅に到着。

富良野行きのバスを発見!時間は51分後。
コレを逃したら16時台までバスが無かった!あぶねー!

富良野駅(乗り換え)

45kmの長距離移動を経て、富良野に到着!
幾寅までのバスを確認すると、

なんと、幾寅まで直接行くバスがあるようですが1日1本のみ。
明日まで待たないと乗れません!

占冠を経由しても幾寅まで乗り継げるようですが、占冠まで行っても幾寅に辿りつけるのは明日の朝!どちらにせよ今日中に幾寅にたどり着くのは無理そう…。

今日中に幾寅を目指すなら、路線バスで西達布まで南下することはできますが、そこから先は13kmの歩きになりそう…。いやはや、これはピンチですな。

西達布行きは16時20分発。今日中に歩いて幾寅に向かうか?占冠経由で明日の朝、幾寅を目指すのか?運命の選択です!

(田中さんは、やっぱり歩きたくない!笑)

他に選択肢がないか探っていたところ…

見つけたのはJR代行バスの時刻表。どうやら幾寅から先、東にある新得までバスで乗り継げそうです。しかも幾寅を出る最終バスは20時2分。
今日中に幾寅に行けば、その先、新得まで進めちゃいそう。

ということで、西達布から幾寅まで歩くことに決定!

幾寅から新得行きの最終バス20時2分に乗るためには、西達布から幾寅までの13kmを3時間で歩かなければなりません!

歩きに備えてカレーとソフトクリームでエネルギー補給!

16時20分のバスで西達布に向けて出発!

 

富良野駅〜西達布

雲行きが怪しくなって来ましたが、ここから先は歩いて峠越えです。

西達布〜幾寅(歩き13km)

西達布に着いたのは午後5時5分。
新得行きのバスに乗るには3時間で13kmを歩き切らなければなりません。

途中、地元の方の家でトイレを借りつつ、夜間の峠越え!

しかも、なぜか途中でバスに追い抜かれる!
もしかして峠を越えるバスがあったのか?痛恨のミス…?

幾寅駅まであと2km。残り時間は16分。

駅を見つけることはできましたが、到着したのはバスの時間より遅れること6分。
もうバスは行ってしまったか…。

とりあえずチェックポイントをクリアしようとした、その時!

なんとバスが遅れて到着!ギリギリ間に合いました!歩いた甲斐があった!超奇跡!ドタバタでしたが、新得駅行きのバスで出発!

幾寅駅〜新得駅


爆睡しながら、およそ40km距離を伸ばして新得駅に到着。

新得駅(乗り換え)

とはいえ、なんの情報もなしに新得駅に来てしまいました。
コノ先のバスはあるのか…?

なんと新得駅からは帯広行きのバスが!今日のバスはもう終わっていましたが、明日は7時40分に乗ることに決定!2日目はここで終了!

2日目反省会

泊まるのは駅近くの民宿。

もう周辺のお店はしまっていたので、夜ご飯は途中で見つけたセイコーマート。

宿ではコンビニ飯で反省会。

2日目は岩見沢から192kmも移動しました。13kmの歩きがかなり効いてます。

 

後半戦へ続く→

スポンサーリンク
スポンサーリンク
太川蛭子のバス旅!
現役テレビディレクターのぼやきブログ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました